小林絵美個展「どこか、への入り口」

どこにも向かわず、けれど確かにあったもの。

本に綴じ、紙に写し、オブジェに仕立てる。

それは、どこかへの入り口。

(展覧会DMより)

*

デザイナー、ブックデザイナーとしても活躍する銅版画作家・小林絵美による、版画・装丁・デザインを横断する初の作品展。

そのイノセントで硬質な作品世界は、どこまでも淡く透明な幻想美を鑑賞者に語りかける。

美術ファンは勿論、装丁、書物、そして印刷物フェチ…全ての愛好家にお届けする展覧会、どうかご高覧を賜れますよう。

*

小林絵美

デザイナーとして勤務する傍ら、銅版画・オブジェ・製本などで世界観を表現する。

多摩美術大学 美術学部 グラフィックデザイン学科 卒業。

*

会期 2017.03.31-04.12 (木曜店休)

於アスタルテ書房ギャラリースペース

版画・ブックオブジェを中心に展示・販売。

お問い合わせはアスタルテ書房まで。