寺山修司「不良少女入門-僕の愛した少女」初版帯

日本文学史に残る「こじらせた」作家、寺山修司の少女観、そしてその源泉とは。

寺山修司「不良少女入門」、かわいい表紙もきれいなままの初版帯付き入荷しています。

img_20160910_155112-1600x898

赤黒ベースの本体に少女の淡やかな白い肌、まったくもって映えます。

img_20160910_155725-1600x898

一般的には「田園に死す」の白塗り学帽的なイメージの寺山修司の、ひたすら自分に必要な「美学」を貪っていた青春時代のお話がたっぷり。

img_20160910_155830-1600x898img_20160910_155919-1600x898

そして、ある意味二宮金次郎的なストイックさすら感じるその視線が投げられた銀幕に、物語の幕間の一瞬に、彼の目に焼き付けられたヒロインたち。

研ぎ澄まされた美しさは、いつの時代も不良とカテゴライズされるのかもしれません。寺山入門としてもオススメです。