木水彌三郎「秋の雪」 サバト館限定300部の内144番 著者署名入り極美完本

ひり、と冷たい雪。寒さを意識しはじめるこの季節にこそ。

生田耕作が愛した、澄んだ、澄んだ、言葉の結晶体。

サバト館より、木水彌三郎「秋の雪」。

img_20160921_154458-1600x898

白と黒、これ以上ないと感じる程の簡潔で高潔な装丁。

著者の人柄を感じる柔らかい毛筆の味、選び抜かれた言葉はページ、そして書物そのものを透き通らせてゆくようで、ぐっと胸に迫ります。

img_20160921_154609-1600x898img_20160921_154645-1600x898

この時期のサバト館の赤いナンバリングには、何故か心を落ち着かせるような雰囲気があります。

img_20160921_154735-1600x898

逸る雪、秋の雪。

読者の情緒も感性もこの真っ白な器に乗せて、いざ美文の季節へ進みましょう。

ただひたすらに美しい、そんな書物です。