随筆集「芝居」 大河内書店 昭和23年初版函帯

芸術の秋、大小様々な劇団の秋公演も目白押し。

多くの文化人に習う機微に富んだ視点、大河内書店よりお芝居鑑賞必携の一冊「芝居」、置いております。

img_20160921_153331-1600x898

背に少し剥がれあり、戦後間もなくの刊行物にしては本文用紙など厚みがありしっかりしています。

img_20160921_153354-1600x898

短いエッセイにそれぞれの観劇の想い出や拘りなどが詰まっています。

執筆者も非常に多く、演劇を取り巻く未知の感性に出会えるかも知れません。

img_20160921_153519-1600x898img_20160921_153734-1600x898

戦後の復興期にあって、演劇が人々に与えた活力ははかり知れず、また漸く大っぴらに語れる外国のショーに饒舌になり。

生き生きと、またしみじみと、多くの筆が語る鑑賞の歓びに、現代人としても新鮮な言葉が踊ります。