須川誠一校訂「装釘の常識」 草人堂/アスタルテ書房

生田耕作監修の下、当アスタルテ書房の発行にて当初9番までの刊行を予定していた愛書家双書。

諸々の事情により中途でその刊行を途絶える事になりましたが、こんな素晴らしい書籍を造る事が出来ました。

須川壮一校訂、草人堂編による「装釘の常識」。黒地に金。

img_20161101_154813-1600x898

厚手のビニールカバー、頑強に。

img_20161101_154831-1600x898

この赤字が綺麗に出る用紙も、サバト館の試行錯誤の賜物でしょう。

本の装釘に関して理念哲学の粋にまで踏み込む、書物への想いを感じます。

img_20161101_153019-1600x898

img_20161101_153048-1600x898

ただ高価な書籍だけでなく、思い入れのある本には特に長生きして欲しい物です。

そういった全ての愛書家にとってバイブルとなる1冊でありますように。