矢川澄子「アリス閑吟抄」

伝説的同人誌「未定」同人にして、澁澤龍彦の最初の恋人。不滅の少女。

矢川澄子による詩集「アリス閑吟抄」。玉のように転がる無垢な言霊。

クリームに添えられたミントの様な簡潔な配色に、1980年当時の心を思います。

言葉遊びの中にきりっと結ばれる潔癖な善性と、一方で舌をだして笑っている悪戯っ子の愉しさ。

多面体結晶を思わせるキラキラとした美しさに、純粋に行われる言葉への祈りを感じます。

澄みわたり過ぎた精神とその美貌で、決して安穏な人生ではなかった偉大なる少女。

しかしその言葉に触れる時、私たちもまた得難い幸運の中に彼女の姿を見るのではないでしょうか。