クリス/クルツ「芸術家伝説」 大西広/越川倫明/児島薫/村上博哉訳 1989年 ペリカン社初版 帯付き

古今東西、あらゆる装飾を施されて語られ、伝えられてきた「芸術家の伝説」。

その実像を数多の資料を用いて詳らかに描き出す名著。ペリカン社刊行の意欲作。

目次にて湧き上がる好奇心を裏切らない、充実の内容。

まさしく幻想譚や神話の如き、芸術家を彩る様々な逸話を相手取り語り口は実直です。

巻末の圧倒的な資料、索引のボリュームに、三名の訳者の奮闘を思う素晴らしい作品。

美術ファン、また幻想小説愛好家の方にもお勧めを致します。