重松成美 リトグラフブック 「マダム・エトワルダ」限定25部 手刷りリトグラフ11葉揃い

強い抽象性の中にどこか肉感的な香りを漂わせ、晩年の三島由紀夫の著作にも重用された画家・重松成美のマダム・エトワルダ、限定500部手刷りのリトグラフで構成された豪奢なブックです。

IMG_20160608_150024-1600x898

上等の紙に贅沢に取られた版組、対応するリトグラフの躍動。

IMG_20160608_150127-1600x898

IMG_20160608_150051-1200x2137

意味や情景を汲む、という読書にとって大事なプロセスとその為の知覚が、ジリジリと研ぎ澄まされてゆくようです。

IMG_20160608_151122-1600x898

重松成美のリトグラフは、その他一枚物も色々と取り揃えております。

所有者にとって何か象徴的なレリックとも成りうる密度を持った作品群、どうか一つ一つご覧になって頂ければ幸いです。

洋書画集「ベルナール・ノエル フランス幻想文学イメージ集」

バイロスからベルメールまで、フランス幻想文学に近親性を持つアーティスト郡の作品を集めた画集。

選者はフランスの詩人・文学者のベルナール・ノエルのようです。

IMG_20160614_184109-1600x898

厚みのあるしっかりとした造り、余白の美しさや赤い函の発色もユーロな雰囲気たっぷり。

IMG_20160614_184138-1600x898

IMG_20160614_184217-1600x898

幻想的でエロチックな絵に、極めて簡潔なプロフィールが付く生真面目さ。

IMG_20160614_184305-1200x2137

IMG_20160614_161537-1600x898

日本の幻想文学・文化に親しむ者からは、すこし意外に思えるイメージや不案内な作家にも出会えるこの一冊。

ページを手繰る内に夜も更けそうなボリュームが嬉しいです。

 

ヴィヴィアン・サトウ リトグラフ「エジプトの女」

緻密で装飾的な表現が目を奪う、ヴィヴィアン・サトウによるリトグラフ作品。

クラシカルなパターンを多用しつつも、斬新な構図がユニークに際立っています。

IMG_20160608_145336-1600x898

インクの黒、余白の白の鮮やかさは版画ならではの美しさです。

IMG_20160608_145421-1600x898

まだまだ、その画業に対して多くの紹介がなされていないと感じるアーティストの一人です。

芸術を扱う場の一つとして、是非とも店頭にてご観賞頂きたい作品です。

レプリカ 「レオノール・フィニの肖像」より仮面

A.P.マンディアルグ「レオノール・フィニの肖像」、作中品を模したマスク。

23 - 3

ゴージャスかつ淫靡。羽を広げたフクロウのような全体の威容から繊細なディテールまで、立体物としてとても完成された美を備えています。

23 - 223 - 1

こんな仮面が飾ってある部屋は絶対に散らかせませんね。

精巧な作りは資料としての価値も十分。美術工芸品として、そして文学作品として、魅力あふれる逸品です。

金子國義・作 「アートプレート アスタルテ書房」

金子國義・絵付けとなる世にも珍しいお皿、珍品です。

23 - 5

いつものカネコ・タッチ。

23 - 4

こういったお皿は鑑賞用には相違ないのですが、なんだか読書仲間とのひとときにたっぷりのサラダやシーフードを盛って囲みたくなります。

※こちらは非売品となっております。

 

 

 

アルフォンス・イノウエ 「ヒブリス」

フランス幻想文学の挿絵で有名なアルフォンス・イノウエの版画作品です。

14 - 32

悲しげな表情の少女が、繊細なタッチで表現されています。

14 - 28

湧き水のように広がるドレスのドレープ、細く柔らかい森林の描写など、小ぶりな作品ながら存在感のある作品です。

うっすらとブロンドに彩色された髪の表現も麗しく、作品全体から強い詩情を漂わせています。

アルフォンス・イノウエ 「乙女の誘惑」

フランス幻想文学の挿絵で有名なアルフォンス・イノウエの版画作品です。

14 - 29

死神に手を引かれる少女、タロット風の構図です。

14 - 30

寓意の多く含まれるタロットや宗教画といったモチーフは、暗喩・隠喩の飛び交う幻想文学関連とはとても相性のよいモチーフ。

長年生田耕作の仕事を手伝った作家の得意とするところでもありましょう。

アルフォンス・イノウエ 「オフェーリア」

フランス幻想文学の挿絵で有名なアルフォンス・イノウエの版画作品です。

14 - 27

樹の下の少女、意味深なモチーフが散りばめられています。

14 - 26

有名な「ハムレットのオフェーリア」をモチーフにしながらも、作者らしい謎めいた雰囲気に仕上げられています。

その謎を一つ一つ解くように、じっくりと鑑賞したくなる作品です。

アルフォンス・イノウエ 「卵の上の街」

フランス幻想文学の挿絵で有名なアルフォンス・イノウエの版画作品です。

14 - 25

緻密で無機質なタッチは、稲垣足穂の描き出す小宇宙のよう。

14 - 22

者の得意とする人物や寓意といったテーマから離れて、温度の存在しない、それでいて微睡みを起こさせるような硬質な世界がインクからあふれるようです。

作者の実力の高さを十二分に堪能できる、美しい作品になっております。