ルイス・キャロル「もつれっ話」 帯つき極美

童話の様な、パズルの様な、寸劇の様な…。

「アリス」シリーズで有名なキャロルの知られざる名著、帯つきにて入荷しております。

内容に合わせた幾何学的な佇まい、帯にはパラフィンがかけられヤケ、イタミ共にない美本です。

「アリス」シリーズにてお馴染みの謎かけや論理の転倒をさらに発展させた様な言葉の数々。

しかして読み口はスムースに、ぐるぐると頭を巡るイメージの奔流にいつしか心地よい痺れを楽しむ様になるでしょう。

無邪気な感性と高度な思考、訳者も相当苦労なさったでしょう。

しかしキャロルはこの本も子供たちに語り聞かせたのでしょうか。

堀口大學 訳「グールモン詩集」 初版極美本

堀口大學訳「グールモン詩集」、弥生書店刊。

現在ではあまり語られる事のない堀口大學の名訳作品を入荷しております。

アイボリーに濃紫色の見返しがエレガント、反骨の詩人の著作を彩ります。

鋭い筆致をコントラスト豊かに邦訳してゆく堀口大學の手腕。

文化に盛衰あれど、一度世に出た芸術は死なず。

忘れがたき作品の数々、どうかお楽しみ頂ければ幸いです。

堀口大學「訳詩集 月下の一群」 第一書房 昭和3年革装丁本

堀口大學の代表的な訳詩集。第一書房の端正な造本により、詩神の秘密を一緒に閉じこめた様な美しさ。

「月下の一群」、革装丁の物を入荷しております。

古色豊かな装丁を際立てる天金の輝き、背に割れはございますが丁寧に扱われてきた印象を受けます。

簡潔なインフォメーション、朱色の文字の色気。

装飾つきの本文。

そして内容は超一流の、芳醇な詩の溢れるミューズの泉。

日本語の書籍で革装丁の物自体稀少ながら、こちらはさらに「月下の一群」。

書斎の一等安全な区画にて、共に時間を重ねたくなる一冊です。

三島由紀夫・池田弘太郎 訳「聖セバスチァンの殉教」 初版極美完本

先日の未発見テープ発掘の報も大々的に、近年再び大きな注目を集める三島由紀夫。

その精神の発露のピュアな一端としての「聖セバスチァンの殉教」、血のように真っ赤な装丁と共に。

状態、非常に良好。

端正に組まれた行はどこか葬列を思わせ、余白の荒野を粛々と進みます。

図版にも多くのページが割かれ、イメージを補強してゆきます。

厳格さ、高貴さ。

赤という色彩の強度を最大限活かした装丁を含め、代表作に相応しい一冊になっております。

シャルル・ノディエ「炉辺夜話集」 牧神社 初版帯

その早熟な知性から少年期より政治運動に参加しながらも、先々の村で語り聞かせられたお伽噺に心奪われたノディエ。

幻想小説の先駆者の作品集「炉辺夜話集」、挿絵も美しく牧神社初版入荷しております。

函、帯などにスレあり。本文はヤケもなく純白の余白です。

思わずココアをいれてお布団に潜りこみたくなる、ファンタジーでどこか恐ろしくもある挿絵の雰囲気がよく合っています。

寒い夜に、少し部屋を明るくして、まさしく炉辺に似合う一冊です。

こっそり棚に挿すとっておきの愛読書として、また贈答用にもおすすめ致します。

生田耕作訳「イレーヌ」 訳者署名入り・極美完本

ど真ん中な1冊を、完全な状態にて。

生田耕作訳、ルイ・アラゴン「イレーヌ」サバト館、初版極美月報新刊スリップ付き訳者署名入り完本、ビニールでパックされ書棚にて保管中。

img_20161221_160034-1600x898

無駄のない骨太な装丁、店内照明にピカピカと光り。

img_20161221_160528-1600x898img_20161221_160550-1600x898

表紙から本文、帯にいたるまでヤケ・ヨレの一つもなし。

img_20161221_160606-1600x898img_20161221_160712-1600x898

本は読まれる為の物とは分かりつつも、美しい書籍には触れるのが怖い読書家にはつきもののジレンマ。

しかし大切な一書にては、ページを開く時の姿勢も自然と丁寧に熱を帯びるのかも知れません。

澁澤龍彦「悪魔の中世」 初版帯美本

澁澤龍彦の貴重な大型本。

多くの図版も楽しめる「悪魔の中世」、帯背にヤケはあれどそれ以外は極美状態の美しい書籍です。

img_20161221_155651-1600x898img_20161221_155737-1600x898

しっかりと厚みのある用紙にカラフルに刷られた図版たちは、著者の変幻自在の筆さばきを支える重要な要素。

img_20161221_155807-1600x898

本文頁にもモノクロの図版を挿し込み、密にして細な思考世界へ容易く没入してしまいます。

img_20161221_160030-1600x898img_20161221_155914-1600x898

こういった図鑑的に手間のかかる書籍の出版が文学界にもまだまだ多かった当時の豊かさに目を細めつつ。

やはり読んでいて楽しい澁澤節に、読み手も無邪気になれる良書です。

松本完治訳「マルティニーク島 蛇使いの女」 献呈署名入り

エディション・イレーヌ渾身のブルトン/マッソン作品「マルティニーク島 蛇使いの女」。

当店先代・佐々木一彌宛て献呈署名入りの、美しい1冊です。

img_20161221_154835-1600x898

松本先生のどこか洒落た字体、親しみのある筆跡。

img_20161221_155135-1600x898img_20161221_155026-1600x898

翻訳者としての矜持を感じる、詳細にして正確な訳註。

img_20161221_155030-1600x898

著者・作品への深い理解により紡がれ、豊かに溢れだす美文。イメージの結実。

img_20161221_155056-1600x898

今年のブルトン没後展での活躍も記憶に鮮やかなエディション・イレーヌと訳者・松本完治。

こちらの美しいシュルレアリスム作品も、是非多くの方に耽溺して欲しい1冊です。

生田耕作・高橋祥太郎共訳「マキャベリ」 みすず書房刊行初版献呈署名入り

生田耕作、高橋祥太郎共訳、マルセル・ブリヨン著「マキャヴェリ」。

当店先代・佐々木一彌宛て献呈署名入り本です。

img_20161221_153730-1600x898

柔らかい筆跡です。

img_20161221_154653-1600x898

ビニールカバーに包まれ、美しい状態に保たれています。

img_20161221_154636-1600x898

専門書らしく、細かな字、二段組の密度。多くの思考を伝える、知識の象。

img_20161221_154752-1600x898img_20161221_154811-1600x898

美も芸も、そして商いも。生きる事は内実があってこそと。

今年1年を振り返りつつ、首を垂れたくなりました。

背筋の伸びる様な、そんな硬質な思考と言葉にみちみちた1冊です。

及川茂訳「ベルトラン散文詩集 夜のガスパール」 初版函美本

散文詩の成立に深く寄与し、またボードレールに影響を与えもしたベルトランの記念碑的名詩集。

及川茂訳にて86年書肆風の薔薇版、遠く聞こえるラヴェルの旋律。

img_20161221_153325-1600x898

深いグリーンの函に背の小さなラベルのみ、デザインより漂う拘り。

img_20161221_153435-1600x898img_20161221_153552-1600x898

タイトル通り、夜の空気を強く感じる古色豊かな幻想的詩世界。

img_20161221_153602-1600x898img_20161221_153656-1600x898

現在の水声社の前身となった意欲溢れる出版社の気概に溢れる1冊。

流れ、とめどなく溢れる美しい言葉の泉を堪能して頂ける良著です。