アルフォンス・イノウエ 「卵の上の街」

フランス幻想文学の挿絵で有名なアルフォンス・イノウエの版画作品です。

14 - 25

緻密で無機質なタッチは、稲垣足穂の描き出す小宇宙のよう。

14 - 22

者の得意とする人物や寓意といったテーマから離れて、温度の存在しない、それでいて微睡みを起こさせるような硬質な世界がインクからあふれるようです。

作者の実力の高さを十二分に堪能できる、美しい作品になっております。