澁澤龍彦編集「エロティシズム」 1973年 青土社初版 函帯付き極美完本

1971年にも同じ青土社発行の「ユリイカ」誌上にてエロティシズムを特集した澁澤龍彦。

その二年後の刊行となる単行本版「エロティシズム」、充実の執筆群と多数の図版が魅力的です。

クリーム色とピンク、そして金の箔押しが妖しく気品を放つ装丁。 澁澤龍彦、種村季弘、巖谷國士などの素晴らしい執筆者たちに、多数の翻訳物をも配置した濃厚な内容。 現在も高い評価を受ける様々な作家・文筆家や、マイナーな海外作家の紹介も広く行う刺激に満ちた内容。

澁澤龍彦の編者としての力量に溢れた良書です。

三島由紀夫「青の時代」 1950年 新潮社初版 帯付き

初期三島作品において評価の高い長編小説、「青の時代」の帯付き初版本です。

挫折の闇に彩られ地に落ちる青年の美しさを当時の紙、刷りにて。

経年の劣化はあれど、表紙・本文ともに良好。 三島文学らしい湿度と色気のある文章をじっくりと楽しめます。

エリート学生の栄光と破滅を題材に描かれる痛切な軋みに満ちた一冊です。

蔵持不三也「シャリヴァリ-民衆文化の修辞学-」 1991年 同文館出版初版 帯付き

中世ヨーロッパで行われていた、一種の暴動とも乱痴気騒ぎともつかない大衆行動「シャリヴァリ」。

現在もあまり広く語られる事のないそれらを詳細に語り紹介する意欲的な良著です。

帯付き、状態は比較的良好。「シャリヴァリとは何か」から始まり、非常に濃密な内容を感じさせる目次。

豊富な資料とあわせ、シャリヴァリで歌われる猥雑な唄の歌詞や、具体的な行動なども紹介する充実した一冊。

中世ヨーロッパや大衆文化に興味のある方に特におすすめを致します。

クレジオ「歌の祭り」 菅啓二郎訳 2003年 岩波書店初版 函帯付き

現代フランス文学を代表する作家、ル・クレジオによるエッセイ集「歌の祭り」。

岩波書店より刊行、菅啓二郎訳の読み応えある一冊です。

南米文化からの影響も受ける筆者のイメージか、どこなプリミティブな生命力を感じるデザイン。 鮮やかな赤や緑を前面に出し、金の箔押し。2000年代の書籍ながら豪華な仕上がりです。

現在も活躍するル・クレジオの執筆への強い熱と感性を感じる一冊です。

未読の方も是非お手にお取り下さい。

生田耕作訳「工芸の理想/美しい書物」朱筆校正入り原稿見本

1987年アスタルテ書房刊行の生田耕作訳、コブデン=サンダスン「この世界を見よ」の朱筆訂正入り原稿見本。

第一部「工芸の理想」、第二部「美しい書物」における訳者の丁寧な仕事を伺える内容です。

細かな表現や字句の訂正が全ページにわたり書き込まれています。 完成した書籍と比較して、この後にも更に訂正が入っていたと思われます。

サンダスンの書物や装丁への確固たる美学を、素晴らしい翻訳で紹介した本書。

生田耕作の愛書家としての顔と、強い翻訳への情熱を感じる原稿です。