澁澤龍彦「胡桃の中の世界」1974年 青土社初版 帯付き美本

澁澤龍彦の人気タイトルの一つ「胡桃の中の世界」は多くの事例・図版を引いて閉じられたその中の幻想が豊かに語られます。

青土社より1974年刊行、40年以上を経て内容、装丁ともに色褪せない一冊。

目次から心踊る、澁澤本ならではの愉快。

引用される多くの図版のセレクトも秀逸で、日がな眺めてしまったファンの方も多いのではないでしょうか。

現在も多くの支持と愛好を集める澁澤龍彦の、本領とも言える魅力の詰まった良書。

扉をしっかりと閉めた自室での読書の際に是非ご選書下さいませ。

澁澤龍彦「華やかな食物史」 1984年 大和書房初版 帯付き

澁澤龍彦によるグルメ本、とくれば面白くない訳がなく、自由な筆致があらゆる時代の食卓を飛び回る快書。

年末年始のご馳走の合間に知識欲とも満腹を。

古代ローマから土方巽へ、クレオパトラから親しい友の食卓まで。

美味しい物を思い描く時、人はどうしても嬉しくなってしまうようです。

少ないながらもキメの図版のセレクトは流石。

大和書房のスパイスの効いた装丁も雰囲気良しです。

一流の書き手による食のレポートはやはり極めて美味しく、また愉しく。

空腹時の読書に是非お手にお取り下さいませ。

ジャリ「超男性」 1975年 白水社初版 函帯読者カード新刊スリップ刊行案内付き

34歳の短い生涯を走り抜け燃え尽きたアルフレッド・ジャリ。

シュルレアリスム文学の傑作として知られる「超男性」を澁澤龍彦の名訳にて。

数多のシュルレアリスム文学・幻想文学を刊行した白水社の装丁は、普及版においても品のあるものが多いです。

読者カード、月報、三色刷り刊行案内を付属。

詩とも物語ともつかないうわ言のようなフランス文を端正に訳した澁澤の筆致。それを見事に写す文字組、余白。

実に奇妙ながらも忘れ得ぬ美しさを備えた傑作となっております。

澁澤龍彦「犬狼都市」 1962年 桃源社初版 函ヤヤイタミ 正誤表付き完本

澁澤龍彦の人気作の一つ「犬狼都市」。

桃源社より刊行の元版は品の良い造りが随所に見られるとても美しい一冊です。

函には斑状のイタミあり、本体はビニールに守られ本文、表紙ともに極美しく保たれています。

正誤表付きの完本になります。

グレーの表紙に金の枠。グリーンで刷られた文字。

小さくカットされた箔押しのタイトルプレートはサバト館の本にも多く見られるスタイルです。

翻訳家のみならず、小説家としてもユニークな才を発揮した澁澤龍彦。

初期の冠小説として今なお多くの読者を魅了する素晴らしい作品です。

ユリイカ「臨時増刊 禁断のエロティシズム」 1992年 青土社美本

時代の求める優れた特集を多く組む、名雑誌ユリイカ。

1992年刊行の臨時増刊にて、エロティシズムを主題にした一冊。状態はとても良好です。

抽象的ながら躍動感に目を惹かれる表紙、その鮮烈な真紅。

多くの名著家と芸術家の名が並ぶ目次に圧倒されます。

カラーの図版も相当な量を収録し、またそのセレクトのひとつひとつがマニアックかつハイレベルです。

澁澤龍彦によるゾンネンシュターンの評論も掲載。

美術誌、文芸誌、評論誌、そういった存在のあるべき姿を鮮やかに体現したような1992年のユリイカ。

その熱と切れ味に脱帽してしまう、優れた仕上がりになっています。

澁澤龍彦「黄金時代」 1971年 薔薇十字社 初版函帯付き 著者署名入り美本

没後30年を経て、今なおファンを増やし続ける澁澤龍彦。

名著「黄金時代」の程度の良い署名本が入荷しております。

深い緑に黄金の箔押しが見事な装丁、薔薇十字社の確かな仕事が光ります。

署名にもゴールドのペンを使う澁澤龍彦の遊び心。

奔放に、執拗に、自らの好奇心を掘り下げる様な充実した内容も素晴らしいです。

多くの著作と、多くの影響を振り撒いて旅だった澁澤龍彦。

その「黄金時代」の息遣いを感じる、優れた書籍のひとつとなっています。

澁澤龍彦「手帖三部作」 1971-73年 桃源社 初版函美本 三冊揃え

一般に流通した書籍として、あまりに美しく完成された書籍のひとつ。

澁澤龍彦、手帖三部作「黒魔術の手帖」「毒薬の手帖」「秘密結社の手帖」、状態のよい物を三冊揃えで入荷しております。

堅牢な函、箔押しタイトル、良質な本文紙、見開きや各装飾の丁寧な仕上げ。

そしてそこに納められた澁澤龍彦の愛するそれら世界への愛。

小口までそれぞれの表紙と同じ色に塗られたその美学に、今も代表作のひとつに数えられる圧倒的な存在感が漂います。

特装本・限定本ではないにも関わらず、ここまでの仕事が叶った70年代と澁澤龍彦という奇跡。

刊行より50年を経そうな今も、シミ・ヤケ一切のイタミなく、100年の先へも残したくなる書物です。

澁澤龍彦「城=カステロフィリア」 金子國義挿画 白水社 初版月報読者カード付き美本

国内外問わずの「城」への偏愛。金子國義挿画の豪華なタッグにて。

書斎からの外出を始めた時期の澁澤龍彦のお城訪問記は、新鮮さと円熟した筆致が味わい深い一冊。

カバー、本文、読者カードに至るまでヤケなどもなく状態良好です。

挿画部分は薄紙にて保護され、カラー印刷。盟友の画業への心遣いも美しいです。

目次に並ぶ大量の城の名前を追うだけでも愉しくなってきます。

城という開かれた地域の象徴でありながら密室としての側面を持つ存在。

その魅力を生き生きと語る言葉にあっという間に引き込まれる良書です。

コクトオ「ポトマック」 澁澤龍彦 訳 薔薇十字社 初版函帯完本

現代でもファンの多い、美男子にして詩人のコクトー。

彼の初の小説作品「ポトマック」、訳者は澁澤龍彦というハマリ訳にて薔薇十字社より。

力強くモダンな装丁。

若き日のコクトーの写真も数点掲載。

函、表紙にヤケなどはありますが、読者カード、帯付きの完本になります。

強い個性と、繊細な感性、秀麗なルックスを備えた稀代の詩人コクトーの描く青春の日々。

忘れ得ぬ名訳と共に是非お楽しみ下さい。

ユイスマン「さかしま」 澁澤龍彦訳 桃源社元版函極美 正誤表付き完本

耽美、退廃、魔術。泥沼からの跳躍。世紀末デカダンを代表するユイスマンスの傑作・さかしま。

澁澤龍彦による翻訳を桃源社の熟練した装丁に包み、非常に完成度の高い一冊です。

白い表紙に黒革の背から漂う確固とした美学。

二色刷本文に緻密な挿絵が入り、ページを繰る愉悦も芳醇。

読者カード、新刊案内、そして正誤表付きの完本となります。

函の背以外には一切のイタミもない極美しい保存状態です。

1962年、澁澤龍彦作品としては比較的初期の訳でありながら、ユイスマンの美学との共鳴の中に素晴らしい美文を生み出しています。

指に馴染む冷たい革の感触の中で読む楽しみを是非お味わい下さい。