金井美恵子「夢の時間」 1970年 新潮社初版 著者署名入り帯付き美本

「アカシア騎士団」、「プラトン的恋愛」など独自の作風でファンの支持を集める金井美恵子による70年刊行の作品。

著者署名入りにて、帯付きの物が店頭にございます。

日付付きペン署名。小説3編を収録。 詩情豊かな文章にて紡がれる物語は、作品世界に惹き込まれるような魔力を感じます。

幻想文学ファンにも是非お勧めしたい一冊にて、どうかごゆるりとご観賞下さい。

ルイス「アフロディット」 小松清訳 1952年 白水社初版 函付き

白水Uブックスなどで広く翻訳文学のファンを増やした白水社による、戦後復興期の名著。

ピエール・ルイスの代表作「アフロディット」を小松清の訳にて。

経年のイタミなどあれど、本文は比較的良い状態を保っており、白水社のしっかりとした本作りが伺えます。愛の女神の名を冠したピエール・ルイスのエロティシズム溢れる美文が、流麗な訳に乗って流れ出します。 近年、再びその魅力でファンを増やすピエール・ルイスの著作。

多くの訳、刊行物に恵まれた彼の作品。是非読み比べも含めお勧め致します。

磯田光一「邪悪なる精神」 1973年 冬樹社初版 函付き

三島由紀夫の評論などで有名な磯田光一による73年刊行の評論集。

短い評論を纏めた物ながら、多くの題材を貫く美学を感じる一冊。

しっかりとした函と装丁。本体は状態も良好です。
三島由紀夫からボードレール、塚本邦雄。赤軍派にリア王。豊富なテーマに語りが及びます。 著者の豊潤な語り口に、50代での逝去が惜しまれる良著となっております。

ユリイカ「特集:デカダンス 爛熟と頽廃の美学」 1978年 青土社

現在も意欲的な特集を多く取り上げている青土社のユリイカ。

70年代後半刊行のデカダンス特集号では豪華な執筆陣にて、デカダンスの何たるかを語り尽くします。

目次に並ぶ胸踊るような題の数々。 生田耕作による執筆やボードレールの墓所のレポートなども掲載し、時間を忘れて読み耽ってしまう密度です。

近年、耳にする機会も減りつつありながらそこかしこに潜むデカダンス、頽廃の美。

その核心に迫る良質な一冊となっております。

アラゴン「イレーヌ」 生田耕作訳 1987年 サバト館初版 訳者署名入り 帯付き極美

シュルレアリスム文学の傑作として名高いルイ・アラゴンの作品を生田耕作訳にて読む贅沢。

サバト館刊行、訳者署名入りの物になります。

アンドレ・マッソン挿絵、上等な紙とゆとりのある余白は普及版ながら流石の出来栄え。  情感に満ちた言葉運びは素晴らしいの一語。豪華版、特装本のイメージが強いサバト館ですが、普及版においても魅力的な刊行物が多くございます。

是非店頭にてその内容、造本ともに妥協のない美しさをご覧下さいませ。