多田智満子「長い川のある國」 吉野史門装丁 2001年 書肆山田初版第二刷

様々なエピソードと素晴らしい作品群を遺して2003年にその生を閉じた多田智満子。

硬質に透き通るような美しい詩群を収めた「長い川のある國」が入荷ございます。

異国風の扉と極めて精妙な配置を見せる目次に、精神の深みへの旅を予感させます。

静かな、極めて端正な言葉で紡がれる詩の数々がもたらす無二の読書体験。

瞑想的な恍惚へ導くようです。

詩と言うジャンルに於いて、烈しい情動とは一線を画した理知的な抒情を感じさせる稀有な一冊。

店頭にて、またご自宅の安堵あるスペースにて、ごゆっくりとお読み下さいませ。

コクトオ「ジャン・マレエ」田島梢訳 1976年 出穂社初版 函帯付き

出穂社よりコクトオ作品集として五冊の刊行のあった内の一つ。

コクトオの終生の友としてあった俳優・マレエをテーマとした一冊。函帯付きにて。

しっかりとした青い函に白く清廉な本体と洒落た装丁。 ジャン・マレエの魅力的な写真も多く収録し、作家と俳優の密な交流への共感を誘います。 一冊一冊、コクトオの魅力を深く掘り下げた五部集の中でも独自の良質を持つ良著となっております。

荒俣宏/鎌田東二編「別冊文藝・神秘学カタログ」 1987年 河出書房新社

圧倒的な情報量とユニークな視点から幻想文学ファンからも支持を集める荒俣宏と、広く神秘学に精通し編者としても名を知られる鎌田東二による共編著作品。

見た目の分厚さを超える内容の濃さを持って河出書房新社より「神秘学カタログ」入荷してございます。

俯瞰的に神秘学の闇の中を横断しつつ、豊富な図版と文字量によって鮮やかに結ばれる不可視の像。引き込まれるような充実した内容と、雑誌風にデザインされた本文が読書のペースを否応なく跳ね上げます。

神秘学と言う一瞬の躊躇いを感じるジャンルの本ながら、きっとその奥深さ・面白さと出会える一冊。

神話や魔術、民俗学などのファンの方にも是非お勧めを致します。

龍胆寺雄「虹をつくる男」 1955年 あまとりあ社

一部読書人の間で、その独特な美文が高い人気を集める竜胆寺雄による短編小説集。

あまとりあ社より1955年の刊行。小ぶりな本体に収まる夢幻のエロティシズムと諧謔。


半世紀ほど前の出版ながら比較的良好な状態。怪しげな装画が目を惹きます。 二段組本文にてしっかりと小説の魅力を堪能出来る造り、目眩く愉悦。

多くの魅力的な作品を描きながら、その筆力に未だ読者数の追いついていない作家の一人。

未読の方へは是非お勧めをしたい良書です。

ユザンヌ「愛書家鑑」 ロビダ挿画 生田耕作訳 1991年 サバト館初版 訳者署名入り 月報・読者カード付き極美

稀代の稀覯本コレクター、愛書家として知られるユザンヌによる短編小説。

無二の稀覯書を巡り謀られる遠大にして奇矯なストーリーを生田耕作訳にて。

シンプルな造本ながら品を感じさせるサバト館の仕事は流石。 愛書家の麗しい狂気がすぐそこに感じる、素晴らしい刷りです。 当代の愛書家の方には、書物を愛する姿の極点の一つが描かれた「愛書家鑑」のユーモアと熱量は、心地よい安堵を覚える物ではないでしょうか。