島尾敏雄「島の果て」 成瀬書房初版函極美本、限定415/500部

夢遊病者の中で融け合う、現と幻。戦後文学に於いて孤高の中特異な文学を書きつづけた島尾敏雄。

成瀬書房刊行の限定本が店頭入荷しております。

二重の函に安置された眠り人の、痛む様な言葉と、心。

本文用紙も寝台のシーツの様に白く保たれています。

朱書きの四百拾五。

龍の影はどこか覚束ない飛び石や、島々の連なりを連想させる様です。

関東大震災、第二次大戦の激動を経て、没年に至るまで書く事を止めなかった島尾敏雄。

多忙なる生活の無意識下にて醸成されたその内的文学体験の発露が美しくも切ない一冊になっています。

永井荷風「雑草園」 中央公論社初版函

日本を代表する文学翻訳者にして、繊細で奥行のある随筆を多く遺した永井荷風。

後期の随筆集・雑草園には、彼の文学の完成に至る無数の断片に触れる事が出来ます。

若き日の洒落た装いの荷風。

文学という芸術が、他の多くの文化を牽引していた日々。

大正ごろから戦後間もなくの書籍によく見られるこういった囲み罫は、永井荷風の美文に不思議としっくり馴染む気がします。

翻訳家として溢れる程の海外の思想や文化に触れながらも、その感性の純粋は濁りなく。

雑草に煌めく朝露のように、透明に切り取られた記録に親しめる一冊です。

吉井勇「歌集 遠天」 甲鳥書林初版函美本

荷風の先輩筋にあたり、渋味あるモチーフの中に鋭い幻想美を織り込んだ独自の歌を結実させた吉井勇。

簡潔にして雄弁な甲鳥書林の装丁にて、「遠天」に響く七・七。

何気ない文字組からも品のある「間」を感じます。

歌の題材として取り上げられる事象の土着の匂いと、確かにそこに潜む西洋的な霊感。吉井勇の風雅。

歌集であり、一見すると日本文化に根差した作風にもうつる吉井勇。

しかしながらそこには、耽美幻想文学に花開く多くの種が、静かに鮮やかに眠っています。

邦枝完二「絵入り草子 おせん」 小村雪岱装丁挿画 新小説社初版函美本 

幼少期より育まれた日本的な世俗情緒より出でて、恐るべき美の世界を作り上げた代表作・おせん。

小村雪岱の装丁挿画による、1934年刊行の一冊。保存状態もとても良好です。

函にやや経年のイタミがありますが、雪岱の挿画、本文ともに美しいまま保存されています。

函や挿画にて印象深い青の発色、80年を越えてなお艶やかなその色彩には、何かの秘密が宿っている様です。

当時の国内文学の隆盛を支えた多くの新聞連載作品の中でも異彩を放ち、現代にも愛好家の多い邦枝完二の作品群。

その麗しい官能の極致として、非常に優れた一冊となっています。

ユイスマン「さかしま」 澁澤龍彦訳 桃源社元版函極美 正誤表付き完本

耽美、退廃、魔術。泥沼からの跳躍。世紀末デカダンを代表するユイスマンスの傑作・さかしま。

澁澤龍彦による翻訳を桃源社の熟練した装丁に包み、非常に完成度の高い一冊です。

白い表紙に黒革の背から漂う確固とした美学。

二色刷本文に緻密な挿絵が入り、ページを繰る愉悦も芳醇。

読者カード、新刊案内、そして正誤表付きの完本となります。

函の背以外には一切のイタミもない極美しい保存状態です。

1962年、澁澤龍彦作品としては比較的初期の訳でありながら、ユイスマンの美学との共鳴の中に素晴らしい美文を生み出しています。

指に馴染む冷たい革の感触の中で読む楽しみを是非お味わい下さい。