高橋睦朗「詩人の血」 1977年 小沢書店初版 著者署名入り

長くキャリアの中で多くの作品を発表し、現在も精力的に活動する現代詩人・高橋睦朗の詩集。

1970年代刊行、署名入りの物が入荷しております。

独特な味のある署名、函入りながら軽く持ち易い造本。

伝統に則った短歌から奔放な切れ味の現代詩まで幅広い筆致を納めた高橋睦朗の作品。

強い印象を持った作品群。

詩の鑑賞に親しくない方にもおススメしたい、美しい表現に溢れた一冊です。

寺山修司「暴力としての言語」 1970年 思潮社初版 帯付き

詩、舞台、映画、美術、様々な形式を横断しながら日本の芸術史の一角に今も強く輝く寺山修司。

強烈なインパクトを残すタイトルと共に、彼の詩論、芸術論を記した一冊。

詩論まで時速100キロの副題通りに、暴れるような活力を宿した一頁一頁。

殴り書いたような卍の鮮烈。

寺山の海外渡航時のエピソードなども交え、ユニークな言葉の数々に没頭してしまいます。

抵抗者の持ち物としての言語や文化に関する力ある論考には、現在に於いて益々鮮やかに響く物があるように感じます。

寺山ファンのみならず愉しめる良書です。

稲垣足穂「緑の陰」 1987年 沖積社初版 函帯付き

稲垣足穂の生涯のテーマの一つ「A感覚」にまつわる作品を集めた沖積社の意欲的な単行本。

クロス装が佇まい良く映える一冊です。

余白を大きく取り、すっきりとした本文。

しかして内容は当然ながら濃醇なタルホの「A感覚」系作品。否応なくまわる強いアルコールに似たコスモロジー。

足穂の作品集を多く刊行した沖積社ならではの作品セレクトは流石と唸らせます。

桐生操「きれいなお城の呪われた話」 1992年 大和書房初版 帯付き

フランス留学中に知り合った二人の女性による共同ネームにて刊行された、ヨーロッパに纏わるお城と怪奇の幻想譚。

二人のヨーロッパ貴族文化に対する愛と探究心によって綴られる、妖しく不可思議な美麗怪談。

目次を飾る様々な言葉には、幼少期に布団を被って恐る恐る見知った夢見混じりの恐怖が思い出されます。

一つ一つのエピソードもとても秀逸で、味わい深い物となっています。

どこか懐かしい手触りを備えた怪談話は、西洋の古城という入れ物にもヒンヤリと馴染むようです。

サンダスン「この世界を見よ」 1987年 アスタルテ書房 限定300部函付き極美完本

イギリスにて私家版を主として制作する印刷所を設立し、気高い思想をもってヨーロッパの装丁文化に影響を与えたサンダスン。

生田耕作訳・署名入り、当店刊行の「この世界を見よ」。極めて程度の良い完本となります。

「工芸の理想」「美しい書物」の二編を収録。良質な紙、刷り、製本。

書物としての美しさ、を追求したサンダスンによる、高潔で奥ゆかしい書物論が綴られています。

所謂ブックデザインとはまた違う、書物がただ美しくある為の洗練を極めた装丁の美。

その真髄に迫る、まさに美しい書物となっております。