「筒井菫坡詩歌集」 創樹社 初版函帯極美

若くしてこの世を去る詩人たち、夭逝の一群。

その中にあって一等澄みきった抒情を持っていた筒井菫坡。その短い筆命を辿る良著。

藍色の装丁に、彼の遺した詩歌を身近に感じます。

写真資料も多く、知らずと詩人の生涯へと想いを馳せてしまいます。

日本的なリリカル、どこか神性を含んだ自然描写とそれに込める個としての情感の透明さ。

時代の筆跡を踏襲しながらも、独自の美学が貫かれています。

この書籍の編纂と出版にかかったであろう多くの苦労と、残されるべき作品へ訪れる運命。

それらに胸打たれる、素晴らしい造りの良書となっております。

塚本邦雄「芳香領へ」 ポーラ研究所 初版函帯

多くの歌集に、そのマニアックでイノセントな感性を実らせた塚本邦雄。

「香り」という耽美のエッセンスをひたすらに煮詰めた本書は、数多の文人の著作の中にあっても独自の存在感を振り撒いています。

エキゾチックな函、金色の箔押しをされたクロス表紙。

また本文下部にては頁毎に芳香植物の図版が付され、エッセイと図鑑という2つの要素が特異な混じり方をしています。

植物に関連した塚本短歌プリントの栞も付属。纏まりのあるサービス心。

数多くの歌集の合間に、ユニークな随筆も手掛けた塚本邦雄。

その揺るぐ事のない美感へと、作品集とは違った角度から迫る内容となっています。

中原佑介「大発明物語」 美術出版社 初版函

日本の美術評論における巨星として、国内外にて多くの美術展覧会にも活躍した中原佑介。

こちらの書籍にては、自動人形や永久機関など、正統な科学史から抹殺された「大発明」を詳細にレポートしています。

“中原佑介「大発明物語」 美術出版社 初版函”の続きを読む

山田登世子「娼婦」 日本文芸社 初版函帯

バルザックの研究者として、またファッションや恋愛分野での著作も多い仏文学者による「娼婦」をテーマとした著作。

図版も美しい物を多く収録し、その魅惑的な存在へ深く切り込んでゆく筆致に引き込まれます。

書籍本体は純白の装丁、それはまったく正しいと思わせる説得力ある装丁です。

ファッションにも造詣の深い著者らしく、図版にも極めて美しい物がセレクトされています。

耽美・幻想分野ならずとも、芸術に於けるテーマとして多く登場する娼婦という存在。

その美しさを丹念に綴った、良質な一冊です。

「山崎俊夫作品集」全5冊揃い サバト館初版函帯極美

あまりに濃密な耽美ゆえに、文学史より葬られた鬼才・山崎俊夫。

生田耕作編集による全5冊揃い全集には、その致死性の抒情があます所なく収録されています。

端正な装丁、上質な紙を採用しながら、函背に切り取られた語句には何者の立ち入りも拒否する様な、無垢で痛切な叫びに満ちています。


三田文学が生んだ、純潔なる退廃。その美文の全て。

「美童」「神経花瓶」「玉虫秘伝」「古き手帖より」「夜の髪」、生田耕作とサバト館により残された作品集に今も棲まうそのデカダン。

希少な書籍ながら現在、店頭にてご覧を頂けます。是非その世界へ耽溺下さいませ。