バタイユ「死を前にしての歓喜の実践」 1987年 サバト館新装版 生田耕作訳 訳者署名入り 月報新刊スリップ付き極美

80年代サバト館より刊行されていた、やや大型でフランス装の書籍の一群。

バタイユの人気タイトル「死を前にしての歓喜の実践」、訳者署名入りを入荷しております。

フランス装の書籍は簡素な中に独特の品を感じます。

生田耕作署名入り。月報、新刊スリップ付き。

生田耕作訳による強烈な美文。

解説も非常に読み応えがあります。

サバト館の書籍としては手に取り易い価格設定もあり、作品の普及に大きな役割を果たしたシリーズ。

短い作品ながら読後感に強い酩酊を残すバタイユ作品を是非お楽しみください。

ミルチャ・エリアーデ「ホーニヒベルガー博士の秘密」直野敦/住谷春也訳 1983年 エディシオン・アルシーヴ初版 函付き美本

多言語に精通し独自の精神世界を築き続けたエリアーデ。

素晴らしい選書と斬新な造本で多くの読者人の支持を受けるエディシオン・アルシーヴのソムニウム叢書よりの一冊。

函帯付き、パラフィンで保護された本体にほとんどイタミもない状態です。

すっきりとした文字組みに、手触りの良い本文用紙。

出版社の意気を感じます。

その作品の質に比して国内での知名度は未だ不足していると感じるエリアーデ。

多くの幻想文学愛好者に手に取って頂きたいタイトル、叢書です。

ル・クレジオ「発熱」高山鉄男訳 1970年 新潮社初版 帯付き

現代のフランス文学を牽引するル・クレジオ。

初期作品に於いて、不穏な中に鮮烈な美しさを宿す「発熱」。帯付きにて比較的良好な状態です。

真っ赤な扉が印象的。しっかりと密に組まれた本文の熱。

明滅する狂気と幻惑の物語。

会話の異様なテンポ感に光る訳者のセンス。

ブルトン人の末裔として、世界の少数民族への関心も高いというル・クレジオ。

焦れるような孤独を文学へと高めたような、鮮烈な一冊となっています。

米本義孝「言葉の芸術家 ジェイムズ・ジョイス」 2003年初版

ヨーロッパ文学史にあって独特の孤高を保持するアイルランドの一派。

口述筆記や実験的な手法の中に多くの結実を果たしたジョイスの文学に切り込む研究書を入荷しております。

多くの作例を引いて紐解かれるジョイス文学。

訳文と原文を併記し、翻訳の難しい遊戯的な部分に於いても踏み込んだ内容。

中々の厚みを持つ書籍ながら、引き込まれる明瞭さも備えています。

アイルランド文学の愛好者のみならず、言葉そのものへ愛着を持つ全ての方に福音となり得るジョイス作品。

その世界への案内となる良書となっております。

マンディアルグ「満潮」 生田耕作訳/アルフォンス・イノウエ装画 1981年 サバト館初版 月報新刊スリップ読者カード付き極美

アルフォンス・イノウエによる美麗な装画と、上質なエロティシズムで今なおファンの多いサバト館の「満潮」。

状態の良い物が入荷してございます。

帯にもほとんどイタミなく、サバト1号なども付属。

現在も素晴らしい作品を描き続けるアルフォンス・イノウエによる、美しい装画たち。

生田耕作の名訳との震えるような相乗効果。

その完成度の高さから、耽美幻想文学の入り口としても多くの読者を魅了し続けてきた一冊。

是非お手に取ってご覧下さいませ。