ユリイカ「臨時増刊 禁断のエロティシズム」 1992年 青土社美本

時代の求める優れた特集を多く組む、名雑誌ユリイカ。

1992年刊行の臨時増刊にて、エロティシズムを主題にした一冊。状態はとても良好です。

抽象的ながら躍動感に目を惹かれる表紙、その鮮烈な真紅。

多くの名著家と芸術家の名が並ぶ目次に圧倒されます。

カラーの図版も相当な量を収録し、またそのセレクトのひとつひとつがマニアックかつハイレベルです。

澁澤龍彦によるゾンネンシュターンの評論も掲載。

美術誌、文芸誌、評論誌、そういった存在のあるべき姿を鮮やかに体現したような1992年のユリイカ。

その熱と切れ味に脱帽してしまう、優れた仕上がりになっています。

河村錠一郎「世紀末の美学」 1986年 研究社出版初版

イギリス美術の研究家にして、ビアズリー関連の多くの著作を持つ著者。

その知見溢れる、世紀末芸術への一大展望。研究社出版刊行の良質な一冊が入荷しています。

帯、表紙、本体、良好な状態です。

目次に踊る数々の単語に、すでに引き込まれるような高揚を感じます。

図版も豊富に差し込まれ、時代毎に必ず訪れる世紀末という空気の豊穣を存分に味わえる内容です。

頽廃と混乱と、感傷と抒情とに彩られた世紀末。

その麗しい世界の機微を愉しめる、読み応えある一冊。お勧めを致します。

窪田般彌「孤独な色事師 ジャコモ・カザノヴァ」 1972年 薔薇十字社初版

稀代の好事家にして芸術家、カサノヴァ。

その放蕩の代名詞たる彼の研究に没頭した訳者による魅力溢れる一冊、薔薇十字社の意欲的な刊行。

マスタード色を基調とした装丁に漂う、どこか悲しげな享楽の薫り。

函にややイタミ、本体は良好な状態です。

虚飾とともに栄華を極めたサロンを渡り歩いた伝説的な社交家の生涯を丁寧に追う、優れた作品です。

カサノヴァという人物を通して古い社交界の文化、その栄華盛衰にも触れられる一冊。

極めてユニークな書籍となっています。

アンリ・ミショー「試練・悪魔祓い」 小海永二訳 1972年 サンリオ出版初版

フランスが生んだ孤高の先鋭・ミショーによる限りなく不吉で優美な文学。

彼の全集の翻訳をてがけ、日本の詩壇へと多くの功績を残した小海永二による名訳作品が入荷しています。

経年のヤケ、スレなどはあれど、本文には支障なし。

ミショーの肖像を大胆にあしらった装丁もユニークです。

タイトルを追うだけで、神経に畏怖を擦り込まれるような生々しい幻想を感じます。

その晩年まで制作に打ち込みながらも、どの潮流にも乗らず独自の美を追求したミショー。

彼の追い求めた痛むような緊張の一端に触れる事が出来る良書となっています。

バタイユ「淫らの塔」 生田耕作訳 1983年 サバト館 訳者署名入り美本

煽情的でありながら、限りなく美しい文学を生み出したバタイユ。

日本においてその普及に多大なる影響を与えた生田耕作とサバト館による一冊。

訳者署名本になります。

影に吸い込まれそうになる、漆黒の想定。官能的なラベル様のタイトル。

端正な署名と、書籍本体の保存状態も良好です。

丁寧な漉き見える本文用紙に並ぶバタイユと生田耕作の美学、その一字一句への陶酔。

挿絵も多く、かつ美麗です。

近年、再び注目の高まる文学、アートに於けるエロティシズムとその表現。

危うくも美しいその世界への耽溺を誘う、魅力ある作品です。