ル・クレジオ「逃亡の書」望月芳郎訳 1971年 新潮社初版 帯付き

ル・クレジオの初期作品の一つ「逃亡の書」。新潮社刊行帯付きにて比較的良好な状態。

望月芳郎の訳にて、実験的ながら読み易い一冊に仕上がっています。
熱と混乱の中に祝福を宿すような、味のある装丁。時に暗号や、迷路の如く入り組み乱れる文章から立ち昇る、暗く強い生命力めいた筆の圧。

幸運にも多くの著作が日本でも翻訳されている、力ある作家の一人。

未読の方に特にお勧めを致します。

ブルトン「セリ・シュルレアリスム=2 夢の軌跡」 1976年 国文社三刷

アンドレ・ブルトン編集によるアンソロジー的書籍を三者共訳にて送る良書。

ブルトンとそのシュルレアリスム周辺を知る上で重要な一冊として今なお人気を誇ります。

どこか不穏で印象に残る装丁。 多くの作家や作品が紹介され、シュルレアリスム愛好家ならずとも読み応えのある、深く豊かな展望。 時代時代の移ろいの中にあって様々な示唆に溢れた一冊です。

澁澤龍彦編「 ユリイカ 総特集エロティシズム」 1971年 青土社

今も先鋭的な特集を次々と送り出す青土社の「ユリイカ」より、澁澤龍彦監修によるエロティシズム特集号。

雑誌ならではの豊富な図版と、個々の執筆の味わい深さが魅力の一冊です。

目次には現在も精力的に活動されている名前も多々。 現在において再評価の機運高まる海外の芸術家などもいち早く紹介しており、気の行き届いた監修を感じさせます。 半世紀近く前の刊行物ながら、様々な発見に満ちた良冊子です。

吉井勇「洛北随筆」 1940年 甲鳥書林初版 函付き

その人生の後半を京都で過ごし、多くの印象的な作品と歌集を残した吉井勇。

東京と京都、二つの文化圏の中で独自の幻想・耽美・叙情を磨き上げた作者の、京都洛北生活の覚書。

甲鳥書林刊行、決して豊かではなかった時代に頑健な函付きです。
文化、人々の暮らし、芸術へと向かう精神。様々な思いが一流の美文で綴られます。

端正な言葉の運びは読み易く、また一方素晴らしい奥行きを持つ作品の書き手の一人。

未読の方にも歌集と共に強くお勧めを致します。

永井荷風「小説 浮沈」 1947年 中央公論社初版

日本を代表する小説家の一人、永井荷風。

中央公論社より戦後まもなくの刊行にて、戦中期の荷風の往時の日々への眼差しが光る一冊。 味のある筆書きで始まる装丁。経年のイタミ・ヤケあり。馴染みの良い紙質です。 約100年前の東京を舞台にしつつ、普遍的な人間の感情を情感あふれる筆致で描く傑作。 荷風独特の品あるケレン味も豊かな作品です。

寺山修司「寺山修司全歌集」 1983年 沖積社初版 函帯付き

多くの分野にて鮮烈な独自の表現を突き詰め、現在も無二の存在感を放つ寺山修司。

彼の遺した煮え立つような短歌/詩作品を多数収録したファン必携の一冊。沖積社刊行、函帯付きになります。

凄みのある装丁。分厚く、剛健。

田園に死すから始まり、密度の高い寺山ワールドが大容量で続きます。

現代社会にも訴えかけるような、不穏と痛みと、反抗に満ちた美文の数々。

是非書棚の良い場所にお納め下さい。

 

斎藤磯雄「詩話・近代ふらんす秀詩鈔」 1972年 立風書房初版 函付き

日本において特にリラダンとボードレールの翻訳で知られ、澁澤龍彦や三島由紀夫などの作家からも支持された文学者・齋藤磯雄による仏文学の紹介と評論。

多くの著名異端・耽美文学の魅力に親しめる良書。立風書房1972年刊行。

黒とシルバーによる存在感のある装丁。本体のパラフィン紙に強いヤケながら本体は状態良し。

ネルヴァル、ボードレール、ランボオ。異端文学ファンには馴染み深い名前がずらり。

多くの作品を引きながら語る美文の美。

評論ながら目眩くような陶酔を味わえる稀有な単行本。

是非のご一読をお薦め致します。

 

オーデン「オーデン詩集」深瀬基寛訳 1968年 せりか書房初版 函付き美本

近年の不安定な世情の中、再び人々への強い共鳴を誘う詩人・W.Hオーデンの作品。

深瀬基寛による美しい訳を、巻末付属の原典と共に。せりか書房より1968年刊行。

筒函、本体共に良好。本文組も見やすく作品に集中出来ます。

訳者による解説では、様々な研究を引いて著者の内奥を考察。

巻末に付属する原典も嬉しくなります。

海外詩や文学研究といった多くの読者を得られにくそうなジャンルの中、非常に良い仕上がりの貴重な一冊です。

 

ブランショ「ロートレアモンとサド」 小浜俊朗訳 1970年 国文社初版 函月報付き

多くの作品と評論を通し、戦後フランスにおける重要な思想・文学の流れを示したモーリス・ブランショ。

バタイユなどの異端の作家とも親交の深かった著者による、ロートレアモンとサドをテーマにした素晴らしい一冊。

函ややイタミ、本体は良好。銀の箔押しが黒い表紙によく映えます。

シンプルな構成、充実の訳注。訳者の小浜俊朗の丁寧な仕事を窺えます。

共に命を燃やすように悪や反道徳を描ききったロートレアモンとサド。

二者の文学、芸術をより深く読み込む為の素晴らしい手引きとなる良著です。

 

マンディアルグ「オートバイ」 生田耕作訳 1965年 白水社初版 訳者署名入り ビニカバ帯付き完本

マンディアルグ不朽の名作小説「オートバイ」の日本初訳作品。

白水社刊行、生田耕作訳。訳者署名入り、帯、月報他付属の完本となります。

本体、署名は良好な状態。愛読者カードなど刊行当時の付属品も完備。

魅力的な作品を多く遺したマンディアルグ著/生田耕作訳の組合せの中でも人気の高いタイトルです。

過激な描写よりも芳醇な詩情と清廉なエロティシズムが、時代を経て尚鮮やかな本作。

マンディアルグ未読の方へ是非お勧めを致します。