アンソロジー「悲歌」 銅林社・初版美本

詩誌ガニメデ等、日本の詩文化を支えてきた銅林社によるアンソロジー。

分厚くもエモーショナル、です。

IMG_20160813_151242-1600x898

本造りもシンプルに丁寧に、掲載作家様への出版サイドの想いを感じます。

IMG_20160813_151410-1200x2137IMG_20160813_151458-1200x2137

90年代には何となく、空々しくも切実な痛みが白っぽい景色と共に思い出される感覚もあり。

時代という魔物にいつも最初に切り込んでゆく戦士「詩人」達が当時何を感じたのか、是非ページを繰って頂けますよう。