J.リゴー「自殺総代理店」 亀井聡・松本完治 共訳

不吉な、それでいてどこか喜劇的なタイトルが目を引くダダイスト・リゴー幻の名著。

フランス映画好きな読書人にも是非お薦めの一冊です。

IMG_20160813_150109-1600x898

仏映画「鬼火」のモデルともなった文人は自らの心臓をピストルで撃ち抜いて…。

文学史の地下深く埋葬され名前すら忘れかけられながらも、この本が甦った事実。

IMG_20160813_150126-1600x898IMG_20160813_150217-1600x898

翻訳者の使命の1つ、気高い発掘。それを高度なレベルで実現している二人の作家とこの本に、どうか清い光が当たりますように。