谷崎潤一郎「月と狂言師」 初版美本

第二次大戦前の、平和な日々を丁寧な筆致で思い返す随筆集。

耽美作家・谷崎らしからぬ、と感じる方も、いつかその美しい情景への愛慕を抱くでしょう。

img_20161221_153007-1600x898

函・本体ともに経年程度にて美しく保存されています。

img_20161221_153104-1600x898

ほわん、とした木版画の味わい。

どこか穏やかな夢心地を感じる、作家の美文。

img_20161221_153203-1600x898img_20161221_153240-1600x898

著者近影、ならぬ肖像画。凛とした眼差しです。

img_20161221_153228-1600x898img_20161221_153252-1600x898作家の多くを知ることが出来る随筆という作品。

丁寧に、愛しさを込めて、目の前を捉えていた谷崎の深い知性をじっくりと感じられ、心地よいです。