堀口大學「訳詩集 月下の一群」 第一書房 昭和3年革装丁本

堀口大學の代表的な訳詩集。第一書房の端正な造本により、詩神の秘密を一緒に閉じこめた様な美しさ。

「月下の一群」、革装丁の物を入荷しております。

古色豊かな装丁を際立てる天金の輝き、背に割れはございますが丁寧に扱われてきた印象を受けます。

簡潔なインフォメーション、朱色の文字の色気。

装飾つきの本文。

そして内容は超一流の、芳醇な詩の溢れるミューズの泉。

日本語の書籍で革装丁の物自体稀少ながら、こちらはさらに「月下の一群」。

書斎の一等安全な区画にて、共に時間を重ねたくなる一冊です。