ルイス・キャロル「もつれっ話」 帯つき極美

童話の様な、パズルの様な、寸劇の様な…。

「アリス」シリーズで有名なキャロルの知られざる名著、帯つきにて入荷しております。

内容に合わせた幾何学的な佇まい、帯にはパラフィンがかけられヤケ、イタミ共にない美本です。

「アリス」シリーズにてお馴染みの謎かけや論理の転倒をさらに発展させた様な言葉の数々。

しかして読み口はスムースに、ぐるぐると頭を巡るイメージの奔流にいつしか心地よい痺れを楽しむ様になるでしょう。

無邪気な感性と高度な思考、訳者も相当苦労なさったでしょう。

しかしキャロルはこの本も子供たちに語り聞かせたのでしょうか。