三島由紀夫「橋づくし」 文藝春秋新社 函付き美本

舞台化、海外翻訳も盛んに行われ、三島短編中の傑作の一つとして名の高い表題作「橋づくし」を含む短編集。

モダンな赤い縞が印象に残る函付きの美本を入荷しています。こちらは五刷の物になります。

表紙、本文も状態よく残り、赤の印刷もよく映えます。

どこか魔術的な雰囲気の漂う短編の数々に、モダンな着物の柄を思わせる函のデザイン。

「憂国者」としての印象ではない、鮮烈で新奇なイメージの書き手としての魅力を堪能できます。

夜の短い季節の永い夢のお供にもよく合う1冊です。