「筒井菫坡詩歌集」 創樹社 初版函帯極美

若くしてこの世を去る詩人たち、夭逝の一群。

その中にあって一等澄みきった抒情を持っていた筒井菫坡。その短い筆命を辿る良著。

藍色の装丁に、彼の遺した詩歌を身近に感じます。

写真資料も多く、知らずと詩人の生涯へと想いを馳せてしまいます。

日本的なリリカル、どこか神性を含んだ自然描写とそれに込める個としての情感の透明さ。

時代の筆跡を踏襲しながらも、独自の美学が貫かれています。

この書籍の編纂と出版にかかったであろう多くの苦労と、残されるべき作品へ訪れる運命。

それらに胸打たれる、素晴らしい造りの良書となっております。