宮武外骨「筆禍史」 大正11年四刷 発禁本

自らの出版物へも多くの発禁処分を受けた宮武外骨による、抹殺された書物史。

威圧的な黒い函と、誇るように鮮やかな表紙の金文字。

函はキズ、スレなどが目立ちますが、本文は比較的良好な状態です。

残虐な刑罰、反逆者の末路、また公には語られないまま葬られた言葉たち。

白い頁のそこかしこに散らばる、多くの闇に引き込まれる様です。

また江戸期ごろよりの地下風俗史に関するレポートもあり、カゲマ茶屋のカラー挿絵なども。

現代に比べ遥かに言論・表現の自由に制限のあった時代。

そこにあっても伝えるべき、語るべきを追求し続けた外骨による、反骨を体現する一冊です。