山本芳樹「わが密室を彩る画家たち」 中外書房 初版

大正の世に生まれいち早く海外の耽美幻想芸術に親しんだ著者による圧巻のエロス蒐集。

中外書房刊行、1979年。

モロー、バイロス、ベルメール。お馴染みの作家から、ラビッスやトレモアなどマニアックな作品を圧倒的な量の図版と共に紹介。

不恰好なまでに頁にみっしりと詰め込まれた作品の数々から立ち上るコレクター的熱量。

こんな密室を持つことが出来れば、もう二度とそこから出たくはなくなるだろう、と思わずにはいられない。

扱う作家はどれも深い闇を纏えども、幸福感に満ちた一冊です。