河村錠一郎「世紀末の美学」 1986年 研究社出版初版

イギリス美術の研究家にして、ビアズリー関連の多くの著作を持つ著者。

その知見溢れる、世紀末芸術への一大展望。研究社出版刊行の良質な一冊が入荷しています。

帯、表紙、本体、良好な状態です。

目次に踊る数々の単語に、すでに引き込まれるような高揚を感じます。

図版も豊富に差し込まれ、時代毎に必ず訪れる世紀末という空気の豊穣を存分に味わえる内容です。

頽廃と混乱と、感傷と抒情とに彩られた世紀末。

その麗しい世界の機微を愉しめる、読み応えある一冊。お勧めを致します。