野村胡堂「胡堂百話」 1959年 角川書店初版 函帯読者カード新刊スリップ付き

「銭形平次」の執筆者として知られ、洒脱な日本文化に親しんだ野村胡堂。

角川書店より刊行のエッセイ集に漂う軽妙で心地よい筆致。

シンプルながら目を引く函、丁寧な本体の造り。

経年のイタミはあれどその分気軽に頁を繰れるやも知れません。

泉鏡花への言及も。

読者カード、新刊スリップも付属しています。

極短い文章を多く収録しながらも、一つ一つの語りの濃さを楽しめる良著となっています。