相澤啓三 著 / 横尾龍彦 畫「魔王連祷」 1975年 西澤書店初版 帯付き

ボードレール著「悪の華」を挟んで対峙する、詩人・相澤啓三と美術家・横尾龍彦の精神が衝突する。

暗く重く、熱い一冊。

呪詛にも祝詞にも通ずる、ヒリヒリと心を苛む言葉と、フェリシアン・ロップスの描く悪徳の如く心胆寒からしめる版画の暴威が紙上でせめぎ合います。

別刷りのタイトル索引など、書籍自体も凝った造りで、良書を多く作り上げた西澤書店らしい仕事と言えます。

現代のコラボレーションや共作とは一風違った味わいの本作は、若かりし二人の作家だからこそ作り得た強靭さを感じ、とてもユニークな出来栄えとなっています。