種村季弘「畸形の神 あるいは魔術的跛者」 2004年 青土社初版 帯付き美本

今なお色褪せない著作の数々を残した種村季弘。

晩年に刊行され、図版も多く収録した読み応えのある一冊。

真っ白な装丁がどこか凄みのある一冊。目次のインパクトが目を惹きます。

豊富な図版も美しく、幻想のそこかしこに潜む畸形のイメージを紐解いてゆきます。

晩年まで多くの著述、研究に勤しんだ種村季弘の遺した良書。

目眩くような読書の愉悦にお勧め致します。