マンディアルグ「オートバイ」 生田耕作訳 1965年 白水社初版 訳者署名入り ビニカバ帯付き完本

マンディアルグ不朽の名作小説「オートバイ」の日本初訳作品。

白水社刊行、生田耕作訳。訳者署名入り、帯、月報他付属の完本となります。

本体、署名は良好な状態。愛読者カードなど刊行当時の付属品も完備。

魅力的な作品を多く遺したマンディアルグ著/生田耕作訳の組合せの中でも人気の高いタイトルです。

過激な描写よりも芳醇な詩情と清廉なエロティシズムが、時代を経て尚鮮やかな本作。

マンディアルグ未読の方へ是非お勧めを致します。