澁澤龍彦編集「エロティシズム」 1973年 青土社初版 函帯付き極美完本

1971年にも同じ青土社発行の「ユリイカ」誌上にてエロティシズムを特集した澁澤龍彦。

その二年後の刊行となる単行本版「エロティシズム」、充実の執筆群と多数の図版が魅力的です。

クリーム色とピンク、そして金の箔押しが妖しく気品を放つ装丁。 澁澤龍彦、種村季弘、巖谷國士などの素晴らしい執筆者たちに、多数の翻訳物をも配置した濃厚な内容。 現在も高い評価を受ける様々な作家・文筆家や、マイナーな海外作家の紹介も広く行う刺激に満ちた内容。

澁澤龍彦の編者としての力量に溢れた良書です。