ジャリ「超男性」 1975年 白水社初版 函帯読者カード新刊スリップ刊行案内付き

34歳の短い生涯を走り抜け燃え尽きたアルフレッド・ジャリ。

シュルレアリスム文学の傑作として知られる「超男性」を澁澤龍彦の名訳にて。

数多のシュルレアリスム文学・幻想文学を刊行した白水社の装丁は、普及版においても品のあるものが多いです。

読者カード、月報、三色刷り刊行案内を付属。

詩とも物語ともつかないうわ言のようなフランス文を端正に訳した澁澤の筆致。それを見事に写す文字組、余白。

実に奇妙ながらも忘れ得ぬ美しさを備えた傑作となっております。

小栗虫太郎「金字塔四角に飛ぶ」 1976年 桃源社初版帯付き

一級の奇書「黒死館殺人事件」の作者・小栗虫太郎によるタイトルからして奇怪な一冊。

桃源社刊行、函帯付きの入荷がございます。

1900年代初頭よりの日本の異端文学を多くリリースした桃源社。

帯の一文にも熱が入ります。

二段組本文、巻末評伝とおなじみの手厚く情熱的な本作り。

ファンにも初読者にとっても有難い充実度です。


小栗虫太郎独自の世界を堪能出来る一冊、是非吟味下さいませ。

国枝史郎「神州纐纈城」 1969年 桃源社4刷 函帯読者カード付き

「三田文学」「青鳥会」などに参加し、耽美・幻想文学の愛好者に高い評価を受ける国枝史郎。

桃源社によりその名を知らしめた代表作、重版物をお手頃な値段で入荷してございます。

函帯付き、60年代末の書籍にしては状態は良好です。

ワインレッドを基調とした印象的な装丁。

巻末の作者評伝も充実の内容。

未完作品ながら本文二段組を要するボリュームに、作者の執筆への情熱が伺えます。

その繊細な湿度を帯びた美文の強い中毒性、是非お楽しみ下さい。

野村胡堂「胡堂百話」 1959年 角川書店初版 函帯読者カード新刊スリップ付き

「銭形平次」の執筆者として知られ、洒脱な日本文化に親しんだ野村胡堂。

角川書店より刊行のエッセイ集に漂う軽妙で心地よい筆致。

シンプルながら目を引く函、丁寧な本体の造り。

経年のイタミはあれどその分気軽に頁を繰れるやも知れません。

泉鏡花への言及も。

読者カード、新刊スリップも付属しています。

極短い文章を多く収録しながらも、一つ一つの語りの濃さを楽しめる良著となっています。

ベックフォード「ヴァテック」 矢野目源一訳/生田耕作補訳・校正 1974年初版 函付き極美完本

英ゴシック文学の最高傑作と名高いベックフォード「ヴァテック」。

矢野目源一の名訳に生田耕作の補訳によるまさに銘訳本、付属品完備の完本になります。

函、本体、小冊子、全て一切のヤケイタミ無し。

緩やかに取られた余白と高密度の耽美、幻想。

矢野目源一の後書きと生田耕作の小伝冊子。

これらを読むだけでも購入する価値が十分にあります。

美しい文学を美しい装丁で、牧神社の造本も麗しい一冊。

是非書斎への常架をオススメ致します。

唐十郎「雨月の使者」 合田佐和子挿画 1996年 エー・ジー出版初版 帯月報付き美本

唐十郎の書くポエジーと、合田佐和子の創るイメージの溶け合い、そこから立ち昇る圧倒的な美。

エー・ジー出版よりの意欲作、極美本を入荷しております。

画集と言っても差し支えないボリュームの合田佐和子作品の占める頁数。

唐十郎の言葉の熱を帯びた氾濫。

丁寧な印刷と文字組、書籍としてしっかりとした造りをも有しています。

現在も静かに、精力的に活動を続ける二者の、その真摯な美学の共演が素晴らしい良書となっています。

ダンセイニ「牧神の祝福」 杉山洋子訳 1981年 月刊ペン社初版 月報ミニリーフ付き美本

ファンタジー、ゴシックなどの分野で印象的な翻訳作品を書く杉山洋子によるダンセイニ「牧神の祝福」。

月刊ペン社刊行の妖精文庫より、1981年初版刊行。

表紙のコラージュ作品が微かな不気味さを隠した妖精界の花期を予感させます。

短い作品が多く気軽に読める一冊ながら、没入させる確かな魅力に溢れています。

荒俣宏による妖精に関するミニリーフレットも付属し、図版も豊富な充実した内容。

タルホファンに於ける一千一秒物語のように、ダンセイニ作品への入り口(そしてゴール)として楽しむのも良いかも知れません。

中田耕治「メディチ家の人々」 1979年 集英社初版

評伝の名手・中田耕治によるメディチ家を巡る壮大にて美細な一冊。

その名家の眩暈のするような足取りに引き込まれます。

詳細な目次を追うだけで掻き立てられる好奇心、かすかな後ろめたさ。

巻頭に付属の家系図も見所です。

「わが家にカインはいらぬ」。

金色に彩られた仄暗い名言の数々。

中田耕治のキレのある美文と、往時の社交界での様々の親和性。

是非のご一読をお勧め致します。

ワイルド「サロメ」 福田恆存訳 1958年 新潮社 帯付き 2000部限定本

オスカー・ワイルドによって書かれた耽美文学の一つの極点、戯曲サロメ。

多くの翻訳家の作の中にあって、劇作家としても活躍した福田恆存の翻訳には独自の味わいが光ります。

経年のヤケありながら帯も付属。

本文は比較的良好に残り、多くの図版もビアズレー挿画のサロメに忠実に収録しています。

新潮社より限定2000部の発行。

耽美性の中に勢いのある悪辣を孕んだワイルド作品にしっくりくる名訳が光る良著となります。

ギャラリースペースにて2018年9月に開催のサロメ展では、こちらの元となったビアズレー挿画オリジナル初版の品も展示予定です。

澁澤龍彦「犬狼都市」 1962年 桃源社初版 函ヤヤイタミ 正誤表付き完本

澁澤龍彦の人気作の一つ「犬狼都市」。

桃源社より刊行の元版は品の良い造りが随所に見られるとても美しい一冊です。

函には斑状のイタミあり、本体はビニールに守られ本文、表紙ともに極美しく保たれています。

正誤表付きの完本になります。

グレーの表紙に金の枠。グリーンで刷られた文字。

小さくカットされた箔押しのタイトルプレートはサバト館の本にも多く見られるスタイルです。

翻訳家のみならず、小説家としてもユニークな才を発揮した澁澤龍彦。

初期の冠小説として今なお多くの読者を魅了する素晴らしい作品です。