稲川足穂「ヴァニラとマニラ」 仮面社初版函

後期タルホ文学の名作・ヴァニラとマニラ。

サドに始まり天体、機械、少年愛を巡る銀色の飛行体。

きっちりと詰められた文字、厳格な放蕩。

多くのタルホ的モチーフを溢れさせながら夜空を流れる、方舟めいた作品。

後期著作への入り口としても最適ではないでしょうか。

 

寺山修司「絵本・一千一夜物語」 宇野亞喜良・挿絵 天声出版初版

寺山修司オリジナル・一千一夜にはより怪奇な存在が宿る様です。

宇野亞喜良の官能的な挿絵と、天声出版より。

荒唐無稽、予測不能ながら美しい秩序を感じる寺山の文章に、挿絵の甘美な曲線が絡みつく様です。

折り込みピンナップも野心的な名著。

是非のご一読をおすすめ致します。

鹿島茂「レ・ミゼラブル百六景」 初版美本

当代随一のフランス・マニアにして愛書狂、鹿島茂による初期の著作。

素晴らしい木版図版も豊富な一冊です。

味わい深い木版挿絵、滑らかな鹿島語り。

背表紙にいたるまで抜かりないデザインになっております。

そして圧巻、書籍掲載の木版画家一覧。

現在も精力的に執筆を続ける鹿島茂氏、この本からも強い情熱と愛を感じます。

クロード・セニョール「黒い櫃」 山田直・訳 創土社初版函

ある想念の黒い塊。

知る人ぞ知る幻想文学者、クロード・セニョールの著作。函帯月報付き美本です。

訳者はヴァレリーの訳作品を多く送り出した山田直。

かなり分厚い本ですが、魅了される様な言葉の数々を追う愉しみを逆に煽り立てる、存在感ある良書です。

星川清司「小村雪岱」 平凡社・函付き初版

未だ謎多き画家・小村雪岱。

その生涯を数多の文人の言より描きだした星川清司の名著、初版函美本を入荷しております。

美しい装丁、雪岱画のセレクトも情緒溢れる物です。

鏡花、荷風、瀧太郎…、文人たちの語る言葉によって浮かび上がる画家の穏やかな人柄と、穏やかな芸術家たちとの交流。

近年注目の高まる雪岱装丁本への眼差しをより深くする、ファン必携の一冊です。

ルイス・キャロル「もつれっ話」 帯つき極美

童話の様な、パズルの様な、寸劇の様な…。

「アリス」シリーズで有名なキャロルの知られざる名著、帯つきにて入荷しております。

内容に合わせた幾何学的な佇まい、帯にはパラフィンがかけられヤケ、イタミ共にない美本です。

「アリス」シリーズにてお馴染みの謎かけや論理の転倒をさらに発展させた様な言葉の数々。

しかして読み口はスムースに、ぐるぐると頭を巡るイメージの奔流にいつしか心地よい痺れを楽しむ様になるでしょう。

無邪気な感性と高度な思考、訳者も相当苦労なさったでしょう。

しかしキャロルはこの本も子供たちに語り聞かせたのでしょうか。

谷崎潤一郎「愛なき人々」 改造社版六刷

多くの谷崎文学を世に出した改造社、「愛なき人々」再版本です。

暗めのモスグリーンの表紙にクリームの本文の堆積、端正な装丁。

戯曲形式で描かれる谷崎文学もやはり過剰な耽美と、世俗の中の跳躍に引き込まれます。

再版物につきお求め易いですが、本体、函ともに良好な状態です。

谷崎収拾の入り口としてもぴたりな一冊です。

堀口大學 訳「グールモン詩集」 初版極美本

堀口大學訳「グールモン詩集」、弥生書店刊。

現在ではあまり語られる事のない堀口大學の名訳作品を入荷しております。

アイボリーに濃紫色の見返しがエレガント、反骨の詩人の著作を彩ります。

鋭い筆致をコントラスト豊かに邦訳してゆく堀口大學の手腕。

文化に盛衰あれど、一度世に出た芸術は死なず。

忘れがたき作品の数々、どうかお楽しみ頂ければ幸いです。

泉鏡花「照葉狂言」 春陽堂・名家著作集初版

泉鏡花「照葉狂言」、春陽堂大正五年初版、ラベル剥がれ・各部ヤケ、イタミ有り。

しかし天金残り、リーズナブルに当時と同じ書籍にて読書を楽しめる一冊。

ざらり、とした手触りの名家著作集表紙。

本文用紙もヤケが多いですが、文字・印影はしっかりと読み取れます。

極々程度の良い物から、読書には支障のない状態の物まで。

多くの作品を初版本にて読める時代の愉悦を、どうか味わって頂けますよう。

泉鏡花「斧琴菊」 小村雪岱装丁・初版函極美

以前も入荷のあった泉鏡花「斧琴菊」、こちらは草の色も鮮やかな函付きの美本を店頭に置いてございます。

昭和九年初版の書籍ながら、本文頁の紙の白さも眩しく。

どこから見ても鮮やかな保存状態にて、出版当時と同じ手触りの鏡花作品をお楽しみ頂けます。

文字組みの妙は初版本ならでは。

こういった極々程度の良い物から、読むのには支障がない程度のイタミの物まで、出版当時の御本での読書が多くの作品にて楽しめる現代。

是非沢山の方に古書を手に取る喜びを感じて頂ければと、「斧琴菊」「照葉狂言」を前に願います。