澁澤龍彦より生田耕作へ 私信・全10枚組み

澁澤龍彦から生田耕作へあてた手紙、全10枚組の物。

文豪から文豪へ、ファンにはたまらない品です。

IMG_20160530_183505-1600x898

IMG_20160530_183838-1200x2137

澁澤氏の丁寧で、しかし静かな熱意を感じる筆致が、二人の間に在るある種の強い絆を感じさせます。

当時、彼らが何を感じ、必要としていたか。作品だけでは読み取れない色々な心がつまった非常にメモリアルな手紙です。

澁澤龍彦 「思考の紋章学」

澁澤龍彦・著「思考の紋章学」、初版函入り帯付き・極美品です。

IMG_20160530_184517-1600x898

IMG_20160530_184520-1600x898

白いモノリスのような本体と、民芸調の函イラストが一味違う印象。

本文ページも真っ白な状態に保たれています。

IMG_20160530_184607-1200x2137

本作では日本の作家についての言及も多く見られ、そういった意味でも内容から受ける印象は澁澤作品の中でも独自のものがあります。

もちろん、その思考の自由さはいつもの澁澤節。明るくおちついた空間でじっくり向き合いたい一冊ですね。

澁澤龍彦・著 野中ユリ・装丁挿画 「夢のある部屋」

澁澤龍彦×野中ユリの黄金比がじっくり堪能できる「夢のある部屋」、帯の痛みすらほとんど見当たらない美本です。

14 - 65

よく見ると、函と表紙・裏表紙が鏡合わせになっている所に、お二人の感性を感じます。

14 - 6614 - 63

鋭い感性で考察を積み重ねる「澁澤節」ももちろん素晴らしいですが、この本ではもう少し散漫に、奔放に、ビロードのチェアと夢想に身を委ねる著者の姿が見えるようで味わい深い一冊です。

その夢想の断片を切り取ったかのような野中ユリの挿画も見事。自室に篭ってページを手繰れば、彼らの夢を追体験するような贅沢な時間を与えてくれるでしょう。

澁澤龍彦・著 「夢の宇宙誌」

術出版発行の絶版本「夢の宇宙誌」、インパクトのあるエッシャーの表紙は覚えのある方も多いのではないでしょうか。

14 - 61

中のカラーページも発色良く残っています。

14 - 58

先代の当店店主が愛蔵していた一冊でもあります。

文庫版では味わえないゆったりと取られた余白と、鮮やかに対をつくるカラー頁の妙は、やはり原典だけの魅力。

資料を追いながら文を組み立てた著者の息遣いまで聞こえてきそうな、そんな雰囲気を感じさせます。

澁澤龍彦 「幻想の彼方へ」

正方形と端正な函絵、マーブル模様の表紙の造本がどこか石のような質量を感じる一冊。

澁澤龍彦「幻想の彼方へ」、初版美函美品です。

14 - 67

函から引き出すと、キリッとこちらまで引き締められるような雰囲気です。

挿絵もたっぷり。

14 - 64

見返しに使われているオレンジ色と函の赤いタイトルがアクセント。

造本通りに、冷静な中にもどこか熱にうかされるような美文がぎゅっとつまっています。

澁澤龍彦・訳 「大股びらき」

澁澤龍彦の処女翻訳作品、「大股びらき」の初版・カバー付き美品完本です。

14 - 71

かなり古く貴重な本ですが、本文からカバー端までキレイな状態に保たれています。

14 - 69

見返り・裏表紙ともに(小説の内容はともかく)健康的。

澁澤氏が初の翻訳として出版した小説が、まだ文章もプロットも荒削りな初期のコクトー作品でなければならなかった意味、訳者の気概など・・思いを馳せたくなる事の多い素敵な一冊です。