金子國義・作 「アートプレート アスタルテ書房」

金子國義・絵付けとなる世にも珍しいお皿、珍品です。

23 - 5

いつものカネコ・タッチ。

23 - 4

こういったお皿は鑑賞用には相違ないのですが、なんだか読書仲間とのひとときにたっぷりのサラダやシーフードを盛って囲みたくなります。

※こちらは非売品となっております。

 

 

 

アルフォンス・イノウエ 「ヒブリス」

フランス幻想文学の挿絵で有名なアルフォンス・イノウエの版画作品です。

14 - 32

悲しげな表情の少女が、繊細なタッチで表現されています。

14 - 28

湧き水のように広がるドレスのドレープ、細く柔らかい森林の描写など、小ぶりな作品ながら存在感のある作品です。

うっすらとブロンドに彩色された髪の表現も麗しく、作品全体から強い詩情を漂わせています。

アルフォンス・イノウエ 「乙女の誘惑」

フランス幻想文学の挿絵で有名なアルフォンス・イノウエの版画作品です。

14 - 29

死神に手を引かれる少女、タロット風の構図です。

14 - 30

寓意の多く含まれるタロットや宗教画といったモチーフは、暗喩・隠喩の飛び交う幻想文学関連とはとても相性のよいモチーフ。

長年生田耕作の仕事を手伝った作家の得意とするところでもありましょう。

アルフォンス・イノウエ 「オフェーリア」

フランス幻想文学の挿絵で有名なアルフォンス・イノウエの版画作品です。

14 - 27

樹の下の少女、意味深なモチーフが散りばめられています。

14 - 26

有名な「ハムレットのオフェーリア」をモチーフにしながらも、作者らしい謎めいた雰囲気に仕上げられています。

その謎を一つ一つ解くように、じっくりと鑑賞したくなる作品です。

アルフォンス・イノウエ 「卵の上の街」

フランス幻想文学の挿絵で有名なアルフォンス・イノウエの版画作品です。

14 - 25

緻密で無機質なタッチは、稲垣足穂の描き出す小宇宙のよう。

14 - 22

者の得意とする人物や寓意といったテーマから離れて、温度の存在しない、それでいて微睡みを起こさせるような硬質な世界がインクからあふれるようです。

作者の実力の高さを十二分に堪能できる、美しい作品になっております。