海野弘「部屋の宇宙誌」 TBSブリタニカ 初版

ヨーロッパにおいてはその生活の隅々に黙して潜む、神秘と珍奇の符丁。

海野弘による「部屋の宇宙誌」では、家具・インテリアの分野からその多くを拾い上げています。

絢爛な表紙、豊富な図版。

インテリア本らしからぬ単語が飛び交うレポートの数々に心が踊ります。

暖炉、カーテンなどの馴染みのあるインテリアから、チャイニーズルームなど現代ではあまり聞かない様式の物まで。

本好きにとっては書斎を構成する多くの調度品に、新しい興味が芽生えそうなユニークな一冊。

年末年始の大掃除、模様替えの前のご一読に如何でしょうか。

コクトオ「ポトマック」 澁澤龍彦 訳 薔薇十字社 初版函帯完本

現代でもファンの多い、美男子にして詩人のコクトー。

彼の初の小説作品「ポトマック」、訳者は澁澤龍彦というハマリ訳にて薔薇十字社より。

力強くモダンな装丁。

若き日のコクトーの写真も数点掲載。

函、表紙にヤケなどはありますが、読者カード、帯付きの完本になります。

強い個性と、繊細な感性、秀麗なルックスを備えた稀代の詩人コクトーの描く青春の日々。

忘れ得ぬ名訳と共に是非お楽しみ下さい。

A.アレー「悪戯の愉しみ」 山田稔 訳 みすず書房 初版帯完本

ブルトンなどからも高い評価を受けた圧倒的なユーモアと、社会へのカウンター。

アルフォンス・アレーの名著、みすず書房刊行。

「黒いユーモアという言葉は、まさに彼のために作られた」、帯に踊る澁澤龍彦の感嘆。

山田稔による軽快な訳も、ここに収められた語り口の鮮やかさを際立たせています。

時代の華やかな側面に背を向けながら、愛と毒を等分に混ぜた言葉を投げ掛けたアレー。

軽口の様な、警句の様な、彼の話の数々に一人酔いしれる愉しみに溢れた一冊です。

永井荷風「雑草園」 中央公論社初版函

日本を代表する文学翻訳者にして、繊細で奥行のある随筆を多く遺した永井荷風。

後期の随筆集・雑草園には、彼の文学の完成に至る無数の断片に触れる事が出来ます。

若き日の洒落た装いの荷風。

文学という芸術が、他の多くの文化を牽引していた日々。

大正ごろから戦後間もなくの書籍によく見られるこういった囲み罫は、永井荷風の美文に不思議としっくり馴染む気がします。

翻訳家として溢れる程の海外の思想や文化に触れながらも、その感性の純粋は濁りなく。

雑草に煌めく朝露のように、透明に切り取られた記録に親しめる一冊です。

ユイスマン「さかしま」 澁澤龍彦訳 桃源社元版函極美 正誤表付き完本

耽美、退廃、魔術。泥沼からの跳躍。世紀末デカダンを代表するユイスマンスの傑作・さかしま。

澁澤龍彦による翻訳を桃源社の熟練した装丁に包み、非常に完成度の高い一冊です。

白い表紙に黒革の背から漂う確固とした美学。

二色刷本文に緻密な挿絵が入り、ページを繰る愉悦も芳醇。

読者カード、新刊案内、そして正誤表付きの完本となります。

函の背以外には一切のイタミもない極美しい保存状態です。

1962年、澁澤龍彦作品としては比較的初期の訳でありながら、ユイスマンの美学との共鳴の中に素晴らしい美文を生み出しています。

指に馴染む冷たい革の感触の中で読む楽しみを是非お味わい下さい。

山田登世子「娼婦」 日本文芸社 初版函帯

バルザックの研究者として、またファッションや恋愛分野での著作も多い仏文学者による「娼婦」をテーマとした著作。

図版も美しい物を多く収録し、その魅惑的な存在へ深く切り込んでゆく筆致に引き込まれます。

書籍本体は純白の装丁、それはまったく正しいと思わせる説得力ある装丁です。

ファッションにも造詣の深い著者らしく、図版にも極めて美しい物がセレクトされています。

耽美・幻想分野ならずとも、芸術に於けるテーマとして多く登場する娼婦という存在。

その美しさを丹念に綴った、良質な一冊です。

日夏耿之介「残夜焚艸録」 竹村書房 初版限定1000部本

いち早く国内の文学における幻想美の研究に尽力し、後に澁澤龍彦へも影響を与えた日夏耿之介。

随筆を多く執筆した時期に刊行された「残夜焚艸録」、1000部本を入荷しました。

古い書籍ながら、本文はほとんどヤケ・シミなく。印影も美しく残っています。

ゴシック・ロマンを掲げた学匠詩人の扱うテーマは、評論分野に於いても独特の美学が貫かれています。

魔術、幻想、ゴシック…そう言った文化の日本での源流の一つとして、若い読書人の方にも評価の高い日夏作品。

取っつきにくい印象もある評論・随筆ですが、鮮やかな専門性を楽しむに必携の内容が備わっています。

矢野目源一「ヴォルガ浮かれ噺」 アソカ書房 初版

奇異にして偉大な文筆家として文芸史に名を残す矢野目源一による翻訳作品。

失われつつあるスラヴの昔話、伝承よりブラックでユーモラスな物を集めた、貴重なテキスト群。

目次を眺めるだけでも、猥雑ながらどこか教訓を含む小咄の数々に引き込まれる様です。

一瞬縦に読んで「?」となりそうな奥付けも雰囲気があります。

戦後間もなくの書籍で造本も紙の質も荒い物ですが、ロシアの民話を扱った内容は現代においても目新しい内容を孕んでいます。

世俗的な表現も光る物の多く、民話ファン以外にもお薦め致します。

ミルチャ・エリアーデ「妖精たちの夜 Ⅱ」 住谷春也・訳 作品社初版帯美本

宗教、民族学に多くの貢献をし、幻想の描写に独自のロマンを持つエリアーデ。

真夏の夜に向けたイメージの着火点のひとつに如何でしょうか。

造本、ミルキィ・イソベ氏。

メルヘンな書名ながら、時に激しい言葉や太字にて強調される単語にひやりとする感覚も。

また、多くの言語をマスターした著者ならではの含む物の多い描写も味わい深く。

お薦めを致します。

鹿島茂「レ・ミゼラブル百六景」 初版美本

当代随一のフランス・マニアにして愛書狂、鹿島茂による初期の著作。

素晴らしい木版図版も豊富な一冊です。

味わい深い木版挿絵、滑らかな鹿島語り。

背表紙にいたるまで抜かりないデザインになっております。

そして圧巻、書籍掲載の木版画家一覧。

現在も精力的に執筆を続ける鹿島茂氏、この本からも強い情熱と愛を感じます。