「うつわ・あにゆある」創刊準備号 澁澤龍彦・塚本邦雄 他

 

秋と言えば、名月に傾ける団子と盃。そしてウツワ。

幻の冊子うつわ・あにゆある、創刊準備中が棚からぽとり。

IMG_20160830_151620-1600x898

高名な古楽器製作者からイッセーミヤケ、我らが澁澤龍彦氏などなど。

ちょっと豪華過ぎるメンバーがそれぞれのウツワ観をアンケート形式に語ります。

IMG_20160830_151759-1024x1824

よく見れば編集サイドもゴージャスな顔触れ、この冊子を世にだした器皿産業様に乾杯です。

IMG_20160830_151830-1600x898

英訳版とセットになっていたり繋がりの分からない各方面の人選と、どこか不思議なこの冊子。

大物達のエピグラムめいたウツワ観と相まって、秘密結社の機関誌のような雰囲気が、秋の夜長の枕元に妙に合うようです。

里見惇「桐畑」 太陽堂・大正10年初版


人の心の機微を鋭く観察し、あくまで善心に寄ろうとしたまごころ文士・惇。

素朴な装丁の桐畑、状態も良好に大正十年の発行です。



 

IMG_20160830_150957-1600x898

紙の手触りがなんだかホロリと懐かしい。函もダメージ少なく残っています。

IMG_20160830_151042-1600x898

IMG_20160830_151121-1600x898

この時代の本としては、本文デザインなどから現代的な印象を受けます。

IMG_20160830_151229-1600x898

著者本人はかなりのプレイボーイだったようですが、故に自他の多くの心の軋みとも向き合って生きたのでしょうか。

それらに立って尚、優しい眼差しを保つ文章は、間違いなく美しい様々を読後の私達に残してくれます。

稲垣足穂・一千一秒物語双書「一千一秒物語」 絶版・帯付き美本

読み進める内に自ら神戸の山の手を酔っ払って歩いている錯覚に満ちてゆきます。

イメージの魔人・タルホの代表作「一千一秒物語」、透土社発行。

IMG_20160830_150658-1600x898

当店も僭越ながら資料提供をさせて頂きました。

タルホの本にはやはり、こういった派手な装丁もピタリとハマります。

IMG_20160830_150717-1600x898

IMG_20160830_150813-1200x2137

毎回毎回、本を開く度に出会う扉の呼び掛けに、飽きもせず胸が高鳴ります。

IMG_20160830_150738-1600x898

有名な作品は、多様な出版元の多彩な「同じ本」からお気に入りの一冊を見つけ出すのも読書家の愉しみで嗜み。

そう言ったお話も是非、当店のソファでゆっくりご相談できれば幸いです。

マンディアルグ 著/澁澤龍彦 訳「ボマルツォの怪物」 初版美本

幻惑的な筆さばきで現在もファンを増やし続けるマンディアルグ、に澁澤龍彦訳の蛇の道の王道的作品。

函帯付き、非の打ち所のない保存状態。大和書店初版本。

IMG_20160830_150337-1600x898

背函、帯に勿論本文まで一切の焼けもなく。

マンディアルグ・澁澤が月下の岩より切り出す鮮やかな物語の造形を、邪魔の入らない余白の上でお楽しみ下さい。

IMG_20160830_150416-1600x898IMG_20160830_150602-1600x898

何となく日本人的な感覚でお化け屋敷的な印象も持ってしまうイタリア・ボマルツォ村の怪物公園。

そこに漂う哀しみや愛の幽かな語らいを、夏の終わりにこそどうぞお聞き逃しなく。

久生十蘭「眞説・鐵假面」 初版函帯

演出家としても知られる久生十蘭の翻案物、「眞説・鐵假面」。

桃源社の初版、函帯付きの美本が入りました。

IMG_20160830_145955-1600x898

薄紙越しの色合いが艶っぽい、函帯に若干の傷みありですが本体は健康です。

IMG_20160830_150038-1600x898

IMG_20160830_150150-1600x898

雑誌連載時の資料が巻末についています。

鐵假面と言えば黒岩涙香の翻案が有名ですが、久生案のスピード感ある眞説も読む愉しさに溢れています。

IMG_20160830_150209-1600x898

口述筆記での執筆や演出家としての経験などからか、言葉のテンポや歯切れに味のある久生作品。

一風違った筆致の妙を味わいたい方に。

鐵假面、他数作品入荷しております。

生田耕作一周忌 特別編集誌 「忘れられた詩人に捧ぐオマージュ」

日本に於けるフランス文学の普及に務め、惜しまれながらも旅立った生田耕作。

氏の一周忌に捧げられた極々簡素で美しい書物。

IMG_20160813_150436-1600x898IMG_20160813_150720-1600x898

凛としたご夫人の挨拶状にも、キラキラと氏の手が添えられているよう。

IMG_20160813_150723-1600x898IMG_20160813_150839-1600x898

翻訳者として多くの埋もれそうな名作美文を見つけ出し、ランプの照らす机の上で読者と楽しんできた氏の喪失は限りなく大きく悲しく。

そしてまた次代の文芸への確かな萌芽をもたらした氏の偉業を、ゆっくりと確かめる事ができる一冊です。

J.リゴー「自殺総代理店」 亀井聡・松本完治 共訳

不吉な、それでいてどこか喜劇的なタイトルが目を引くダダイスト・リゴー幻の名著。

フランス映画好きな読書人にも是非お薦めの一冊です。

IMG_20160813_150109-1600x898

仏映画「鬼火」のモデルともなった文人は自らの心臓をピストルで撃ち抜いて…。

文学史の地下深く埋葬され名前すら忘れかけられながらも、この本が甦った事実。

IMG_20160813_150126-1600x898IMG_20160813_150217-1600x898

翻訳者の使命の1つ、気高い発掘。それを高度なレベルで実現している二人の作家とこの本に、どうか清い光が当たりますように。

石津ちひろ・著/宇野亜喜良・挿絵 「アナグラム人名図鑑」

近年注目の高い回文や集字法と言った言葉遊び業界、そしてポップなアナグラム遊びは是非こちらでご堪能を。

たっぷりのウノ・イラストもボリューミーで欲張りな一冊。

IMG_20160813_150258-1600x898

東西の著名人・文人の名前をアナグラムの指が一撫ですると…。

軽妙奇妙なイメージに宇野亜喜良のタッチも酒脱です。

IMG_20160813_150302-1600x898IMG_20160813_150325-1600x898

一見してそれと分からない技巧派から心の沼の底を探り当てるような作家まで、あらゆるカラーを引き出せるアナグラム。

この本に触発されて、お気に入りのノートにカナやアルファベットをばら蒔いてみる一日もきっと楽しいでしょう。

生田耕作・訳/山本六三・装画 「バタイユ 大天使のように」重版美本

生田耕作訳によるバタイユ作品。

重版物ですが状態良好、山本六三作品でも特に人気の高い大天使シリーズの装画が楽しめます。

IMG_20160813_150957-1600x898

表紙に押し加工、意識が転倒させられるような眩暈感あり。

IMG_20160813_151035-1600x898IMG_20160813_151202-1600x898

美文、美画、美装丁。文芸書に求められる全て。

IMG_20160813_151209-1600x898

幻想文学にこそ必要なシャープな切れ味、切り立った陰影。

それらを強く紙上に立ち上らせる名著です、重版につきリーズナブルにお求め頂けますのでどうかお早めに。

アンソロジー「悲歌」 銅林社・初版美本

詩誌ガニメデ等、日本の詩文化を支えてきた銅林社によるアンソロジー。

分厚くもエモーショナル、です。

IMG_20160813_151242-1600x898

本造りもシンプルに丁寧に、掲載作家様への出版サイドの想いを感じます。

IMG_20160813_151410-1200x2137IMG_20160813_151458-1200x2137

90年代には何となく、空々しくも切実な痛みが白っぽい景色と共に思い出される感覚もあり。

時代という魔物にいつも最初に切り込んでゆく戦士「詩人」達が当時何を感じたのか、是非ページを繰って頂けますよう。